menu
TEL:03-6261-2861
company-jp-name
2013.04.08

今の新人に合わせたマネジメントとは

私の仕事柄、経営層や人事の方とお付き合いが多くありますが、最近特に「若手人材のマネジメントが難しい」「今までのようにはいかない」と声を本当に多くの方から伺います。皆さんもそうお感じではないでしょうか?その結果、成果をあげることが難しい、すぐに転職してしまうなどの問題につながっていきます。今回はその「現在の若手マネジメント」をテーマに進めていきます。私自身、これまでマネジメントと長く携わってきたこと、現在の学生や若手社会人と触れ、感じていること、またリクルート時代の経験も含め現状をふまえ、考えを述べていきます。

1.現在の若手の特徴とこれまでと変わらないこと

皆さんは若手の方と触れる中でどのようなことをお感じでしょうか?私は現在の若手独自の面と、実はこれまでと変わらない両面を感じています。まず現在の若手独自の面でいうとモチベーションの源泉が昔より遥かに多種多様になってきていると感じます。例えば以前ですと車や家を購入することが仕事をする上での大きなモチベーションになっていましたが、現在はそれらよりも社会のため、成長のため、仕事自体の面白さという面に意識が向くことが顕著になってきました。

これは日本全体が豊かになっていることや多くの情報が手に入るようになったことなどが背景にあると思います。また、これまでと変わらない面としては心の熱さです。良く聞く話として「最近の若手は元気がない」「情熱が伝わってこない」という話があります。私も一見そうなのかと思ったこともあります。しかし最近の若手人材と一緒に仕事をしていく中で観察していくと、内に秘めた熱さのようなものは誰もが持っていることに気づきます。例えば以前こんなことがありました。ある若手が皆の前で営業成績を発表する場面があり、その場面ではさらっと「成果が出せなかったので来月頑張りま〜す」というようにその場ではあっさりとした、ともするとやる気が無いような感じを受ける報告だったのですが、その晩、非常に心のこもった熱いメールが私に届きました。「本当に悔しいです、来月は絶対に頑張ります」と。他にも表には出さないですが、職場を離れてから一生懸命勉強しているなという面を多く見てきました。

一見見えづらくなってきていますが、現在の若手も以前と同等やそれ以上に熱いものを持っていると感じています。そういったことを踏まえず、これまでの通りの単一的なマネジメントを行えば当然心は離れてしまい、うまく連携することができません。そういった意味で若手へのマネジメントがこれまで以上に高度なスキルが求められてきているとも言えるのではないでしょうか。

2.若手人材を知り家族のように接する

モチベーションが多種多様になってきている現在は相手を今まで以上に知る必要があります。相手のことを知る機会を定期的に持つことは必要ですし、今ですとセクハラ等勘違いされることもあるのかもしれませんが、家族や彼氏彼女とはどうなっているかなども知った上で接していくことも私は必要ではないかと考えています。

私自身、上辺だけでは得られない様々な情報を知ることでマネジメントの勘所が分かってくるようになったり、私の話に対する若手の目の動きの意味がわかるようになってきたと思います。以前、マンパワーグループの執行役員の高木さんと若手マネジメントについて対談させて頂く機会がありましたが、印象的な言葉として「家族として考える」「つながりに重きを置く」という言葉がありました。こういった時代だからこそ、そのような意識が重要になってくるのかもしれません。そういった思いで接していれば現在の若手でも十分にそれに応えてくれると信じています。私が最初に務めたリクルートでは上記のような関係は当たり前で、人の心の中に土足で入ってくる、入っていく、ような関係がありました。

しかしながら、知ることによる責任やそのメンバーに対する熱い想いがマネジメントする側に生まれてきます。その上で相手1人1人に合わせたコミュニケーションが必要で、仕事の意味やその背景を伝えていくことも必要になるかと思いますし、相手に合わせて意味のある「褒め方」「叱り方」が必要になってくると思います。

私は現在においては、この「叱る」ということがキーワードになってきているように思います。「叱る」ことが世の中的には敬遠されているのかもしれませんが、実際のビジネスのシーンでは時には必要になってくることが多々あります。そこで叱れなければ、次に同じような過ちを繰り返してしまうのは本人にとって良いことではありません。ただし「叱る」ことは高度であり、パワーも使います。そういった意味でもまずは若手1人1人と向かい、相手を知り、その上でコミュニケーションする、褒めること、叱ることを行っていくことが必要だと思います。

私自身が企業の採用に関わらせて頂く際は、現場の人事メンバーの一員としての気持ちを持ちながら接し、結果、人事担当者の成長にもつながっていければと考えています。ただ、実際には私も人事担当者から勉強させて頂くことが多々あります。現在、これまでの経験をいろんな方に伝え、お役に立てればとブログでの情報発信と合わせて、無料にて1時間の採用コンサルティングを提供させていただいております。事前に採用の状況や体制等を教えて頂いた上で、効果を出すためのアドバイスをさせていただいております。

まずは下記よりお問い合わせください。私はこれまでの経験を活かし、「ベンチャー企業」「未成熟企業」「草創期企業」=いわゆる「伸びしろのある企業」を中心に、精一杯お手伝いをさせていただく所存です。もしお役に立てることがございましたらお気軽にご連絡下さい。

すべての記事をみる
〒102-0074
東京都千代田区九段南3-8-11 飛栄九段ビル5階
TEL 03-6261-2861 FAX 03-6261-2862